1.5次会って何するの?きほんの内容・演出アイディア

1.5次会って何するの?きほんの内容・演出アイディア

ここ最近、「1.5次会」が20~30代の新郎新婦を中心に人気を集めています。

披露宴ではなく、かといって二次会でもない1.5次会がなぜ今注目を集めているのでしょうか?

その理由や具体的な内容をはじめ、プログラム例や演出案などこれから1.5次会を計画している人に役立つ情報を集めてみました。

この記事のポイント!
  • 1.5次会に興味を持っているカップル向け
  • 1.5次会の意味や内容がわかる
  • 1.5次会の具体的な流れやスケジュールを学べる

1.5次会ってどんなイベント?

ここ数年、見聞きするようになった1.5次会。具体的に何をするものなの?という疑問を持つ方は少なくないでしょう。

まずは1.5次会の基本的な情報について説明します。

1.5次会とは、親しい人をゲストとするカジュアルなパーティ

1.5次会とは、披露宴と二次会のちょうど中間に位置する新しいウエディングスタイルのことです。

披露宴より格式ばっておらず、かといって二次会ほどラフでもない、ちょっとスタイリッシュな雰囲気と演出を兼ね備えているところが特徴です。

ゲストも親族や親しい友人、知人などごく身近な人を対象としたものなので、気軽に行えるのも人気の秘密となっています。

1.5次会と披露宴・二次会の違いは?

そもそもなぜ1.5次会を行うのかと言うと、コンセプトや目的が披露宴や二次会と異なるからです。

披露宴

ご存じの通り、披露宴は新郎新婦を周囲の人にお披露目する場で、職場関係の人なども出席するとてもフォーマルなものです。

二次会

二次会は家族や親しい友人・知人だけを集めて開くもので、場所もレストランやバー、カフェなどカジュアルになるところが特徴です。

気心の知れた仲間たちに結婚を祝ってもらうという意味合いが強く、新郎新婦やゲストの衣装もラフになります。

1.5次会

1.5次会は二次会と趣旨が似ていますが、少しだけ「お披露目」の意味も込められているところがポイントです。

1.5次会を行うケースで多いのは、結婚式を現在の居住地からは遠い所で行い、戻ってきてから改めて現在地で友達や職場の仲間にお披露目するというパターンです。

よくあるのは、身内だけで海外挙式を行い、帰国後に1.5次会を開くというケースや、結婚式は新郎新婦のどちらかの地元(出身地)で行い、生活の拠点である東京で1.5次会を開催するといったケース。

この場合、二人のお披露目の意味合いがあるので、ウエディングドレスを着る花嫁さんも多く、二次会に比べるとややフォーマルになります。

1.5次会のスケジュールやプランは?

結婚披露パーティー

1.5次会にはどのようなプランがあり、どんなスケジュールで進んでいくのでしょうか?

具体的な内容や流れを説明します。

1.5次会はこんな流れで進む!スケジュール例を紹介

1.5次会には細かい決まりはありませんが、一般的には以下のようなスケジュールで進みます。

①レセプション

ウェルカムパーティや挙式時の写真の展示、ウェルカムドリンクの提供など、1.5次会が始まる前座として行われるものです。

②1.5次会の開宴

司会進行役の開宴の挨拶とともにスタートし、新郎新婦の入場、乾杯などが行われます。

内容については人それぞれですが、演出は基本的に新郎新婦が一から考案するため、1.5次会のコンセプトが一番出やすい場面と言えます。

③レクリエーション

友人代表によるスピーチや余興、新郎新婦との歓談などを行う時間です。

ゲストたち一人一人とふれあえるので、親しい友人や知人、お世話になった人たちに挨拶するチャンスです。

④お開き

新郎が挨拶を行い、お開きとなります。

新郎新婦は出入り口付近に立ち、ゲストをお見送り。お菓子などのプチギフトを渡すのもこのタイミングです。

1.5次会の余興やゲームはどうする?演出アイデア3例

ビンゴゲームは1.5次会の演出の定番

1.5次会が盛り上がるかどうかは新郎新婦による演出にかかっています。

粋な演出があれば会が華やかになりますので、じっくりアイデアを練りましょう。

1.新郎新婦との撮影

ウエルカムパーティでの写真撮影会がおすすめです。

一度開宴してしまうと、新郎新婦と写真を撮ることはなかなか難しいもの。

会が始まる前ならまだ時間がありますので、個別に写真撮影する機会を設けると喜ばれるでしょう。

2.プロフィール映像上映

新郎新婦のプロフィールを映像で流すのは定番の演出ですが、そのぶん人気の高いプログラムのひとつでもあります。

生い立ちから二人の出会い、結婚に至るまでのエピソードは、親しいゲストでも知らないことがあり、盛り上がること必至!

どのカットを使うか、どんなエピソードを盛り込むかなどは新郎新婦の腕の見せ所なので、じっくり選んで感動的な映像に仕上げましょう。

3.クイズ、ビンゴなどのゲーム

レクリエーションではゲスト全員が参加できるようなゲームを行うと一気に場が盛り上がります。

ルールが複雑なものよりも、誰もがルールを知っているクイズやビンゴなどを行うのがベスト。

スペシャルなプレゼントを用意すれば、さらに盛り上がること間違いなしです。

クイズはありきたりな内容ではなく、新郎新婦に関係のあるネタを盛り込んだり、新郎側と新婦側それぞれのゲストで対抗戦にしたりするとより楽しいひとときになるでしょう。

1.5次会で気になる疑問・質問をチェック!

1.5次会のよくある質問

1.5次会を行うにあたり、疑問に思いやすいことをピックアップしてみました。

スムーズに準備を進めるためにも、疑問や不安はまとめて解消しておきましょう。

1.5次会の適性人数はどのくらい?

結婚披露宴や二次会の場合、参加人数はおよそ50名前後が目安と言われています。

ただ、1.5次会は正式な結婚式・披露宴とは違いますので、仕事関係や「お付き合い」を入れるも外すも自由です。

大人数で行うも、20人くらいの少人数で静かに行うもありなので、人数についてはさほど気にしなくてよいでしょう。

1.5次会の時間はどれくらい?

1.5次会自体の時間はだいたい2時間前後

ただ、準備やゲストのお見送りなども考慮すると、新郎新婦が会場にいるのは4時間程度となります。

1.5次会は会費制?ご祝儀制?

1.5次会の費用については、会費制とご祝儀制のどちらを選んでも良いのですが、ホスト側・ゲスト側の両方に負担をかけないよう会費制を選択する場合が多いようです。

会費制の場合、金額があらかじめ提示されていますし、わざわざご祝儀袋に包む手間もかかりません。

ただ、金額が見えるぶ分、支払ったお金相応の料理や演出がないと、ゲストの心象を悪くしてしまうことも。

プレッシャーを感じたくない場合はご祝儀制を選ぶのもありでしょう。

1.5次会に引き出物やギフトは必要?

費用をどういう形で集めたか?によります。

会費制の場合は料理やドリンク、演出という形で還元しているので引き出物を用意する必要はありません。

ですが、お見送りの時などに気持ち程度のプチギフトを渡すとゲスト側は喜んでくれるかもしれません。

一方、ご祝儀制にした場合は披露宴同様、引き出物を用意するのが一般的です。

1.5次会に幹事、司会は必要?

1.5次会はスケジュールに沿って進行しているため、幹事や司会進行役はやはり必要でしょう。

一般的には新郎新婦の友人に頼んだり、代行業者に依頼したりするものですが、中には新郎新婦自らが司会進行役となるケースもあります。

第三者に依頼する場合は、会が滞りなく進行するよう打ち合わせを綿密に行いましょう。

1.5次会でお色直しはするの?

カジュアルな2次会ではお色直しは行わないのが通例ですが、最近は1.5次会でお色直しをするカップルも増えてきています。

1.5次会のスケジュールは披露宴よりゆるめなので、お色直しのタイミングを入れやすいというのも理由のひとつでしょう。

ただ、1.5次会の会場は結婚式場と違って着替えをするスペースが十分でない場合があります。

お色直しをしたい場合は、着替えをしやすいスペースを確保できる会場・店舗を優先的に選ぶのがおすすめです。

まとめ

  • 1.5次会のスケジュールは披露宴ほど堅苦しくなくてOK
  • 映像上映やゲームなど趣向をこらした演出を取り入れると盛り上がる!
  • 費用の集め方や司会進行の選定などは新郎新婦が自由に決めてOK
  • 引き出物はご祝儀をいただくなら用意すべし。それ以外はプチギフトがあれば◎
  • お色直しをするなら着替えがしやすい会場を選ぼう

1.5次会は披露宴より自由度が高いため、新郎新婦の気持ちや意向を反映しやすいところが何よりの魅力と言えます。

ゲストに対する最低限のマナーをわきまえていれば、それほどルールにこだわらなくても大丈夫。

自分たちで考えた演出をうまく盛り込み、思い出に残るような、世界にひとつの1.5次会を実現しましょう。