ウェディングケーキは「生ケーキ」がいい!費用&話題のデザイン

ウェディングケーキは「生ケーキ」がいい!費用&話題のデザイン

素敵な披露宴にするためには、ウェディングケーキのチョイスがとっても重要。

ウェディングケーキには生ケーキイミテーションケーキがありますが、まずはどちらにするか決めなくてはなりません。

生かイミテーションか、迷っている花嫁さんに生ケーキの魅力を紹介します。

この記事のポイント!
  • ウェディングケーキを生かイミテーションかで迷っている花嫁さん向き
  • 生ケーキのメリット・デメリットがわかる
  • 話題の生ケーキのデザインや飾り方がわかる

ウェディングケーキの王道!「生ケーキ」のメリット

ファーストバイト

スポンジケーキをベースに、フレッシュフルーツや生クリームでデコレーションした生ケーキは、まさに結婚式の王道を行くケーキ。

昔は、高く積みあがった豪華なイミテーションケーキ(偽物)が主流でしたが、最近では多くの花嫁さんが生ケーキを選択しています。

結婚式で生ケーキを使うメリットを、まずは確認しましょう。

花嫁さんの夢のデザインにオーダー可能

花嫁さんから圧倒的な支持を集める生ケーキは、まさに結婚式のシンボル。

一からパティシエにつくってもらうこともできるから、ずっと夢に描いてきたウェディングケーキがリアルに実現できるかも!

本物のケーキだから食べられる!コース料理のデザートに

生ケーキは、その名の通り「生」だから、もちろん食べられます。

ケーキ入刀後、幸せのお裾分けとして、ゲストに振る舞うことが出来るのも生ケーキの大きな魅力なのです。

ここが残念!生ケーキのデメリット

結婚式費用

メリットいっぱいの生ケーキですが、残念なポイントもしっかり把握しておきましょう。

イミテーションケーキと比較すると、生ケーキは値段が高い

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、ウェディングケーキの相場は、生ケーキが平均7万円ほど、イミテーションが平均5万円ほどとなっています。

生ケーキの場合は、ゲスト1人あたり1,000円でそれに人数をかけるとだいだいの目安になります。

ケーキ屋さんでカットケーキを買うのと比べても、やっぱり生のウェディングケーキは高いな…という印象ですよね。

材料や装飾にこだわると、さらに値段はアップするので、メリット&デメリットをよく考えて決めたいところ。

関連記事
ウェディングケーキの値段相場まとめ。ケチってもかわいく見せる節約術

ケーキの高さやボリュームをだしにくい

生のスポンジケーキを使うので、高さやボリューム感を出しにくいのが残念なポイント。

こだわりのデザインがある場合、実現できるかどうかをプランナーと相談しながら進めたほうがベター。

生ケーキの節約方法は?

結婚式費用

素敵なウェディングケーキを見ると夢がふくらむばかりですが、避けて通れないのがお金のこと。

生ケーキの費用を節約するにはどうしたらいいのでしょうか?

生ケーキの形を1段スクエアにする

とにかく節約したいのなら、シンプルな1段スクエアタイプの生ケーキがオススメ。

多くの結婚式場ではパックプラン内で1段スクエアタイプを作ってくれます。

高さはないものの、デコレーションを工夫すれば存在感のあるウェディングケーキになりますよ。

生ケーキの装飾をシンプルにする

ウェディングケーキは、本体はもちろん装飾品にもお金がかかります。

装飾をトップ部分に絞ってシンプルにすると、ケーキ自体の美しさが引き立ちつつ、節約にも◎

◆ 値段の高いケーキ装飾例

  • 凝ったデザインのマジパン
  • 飴細工
  • マカロン など

◆ 値段が安めなケーキ装飾例

  • 季節にあった生花
  • 季節に合った果物
  • ケーキトッパー など

生ケーキの代表的な形は、大きく分けて3種類

1段スクエアのウェディングケーキ

生ケーキといっても、形はさまざま。

形によってデコレーションの仕方も変わってきます。

1.1段スクエア&1段丸型のウェディングケーキ

生ケーキで多く使われているのが1段のスクエアタイプ。

丸形のほか、ハート型をチョイスする花嫁さんもいます。

1段のウェディングケーキは、ケーキのトップの面積が広いので、絵や字を書いたりとデコレーションがの幅が広がるのがうれしいポイント。

2.2段~3段のウェディングケーキ

高さがあるので華やかで、ケーキ入刀のシーンでは写真映えするのが大きなメリット。

ケーキの側面にもデコレーションできるので、豪華な雰囲気を演出してくれます。

四角や丸形のほかハート型のスポンジケーキを重ねることも。

3.タワーケーキ

高さの出しにくい生ケーキの場合、タワー型のウェディングケーキといったらクロカンブッシュが代表的。

でも最近では、スタンドに小さなケーキを並べてタワーをつくるタイプも注目されています。

おしゃれな生ケーキのデザイン集!

いま人気のウェディングケーキのデザインを集めました。

スタイリッシュなものからおもしろいものまであるので、「これにしたい!」ケーキがきっと見つかります。

生クリームなしの、ネイキッド&セミネイキッドケーキ

ケーキの側面に生クリームを塗らずに、スポンジ生地をあえて見せているネイキッド(naked)ケーキ。

ニューヨーク生まれのネイキッドケーキに日本のおしゃれ花嫁さんもすでに注目しており、ナチュラルテイストのウェディングで人気。

ネイキッドケーキの新バージョンである、スポンジがうっすらと見える程度に生クリームを塗ったセミネイキッド(semi naked)ケーキも要チェックです。

セミネイキッドウェディングケーキ

関連記事
ナチュラルウェディングの新定番!「セミネイキッドケーキ」デザイン集

インスタ映えを狙うなら、フルーツ断面ケーキ

薄くスライスしたフルーツをケーキの表面にかざったフルーツ断面ケーキは、見た目のインパクトも大きく、フォトジェニック!

カラフルなルックスが注目を集める、今話題の生ケーキです。

花嫁の夢をかなえるタワーケーキ

ロールケーキカップケーキドーナツをタワーのように積み重ねて作り上げるタワーケーキ。

カラフルで豪華、しかも可愛らしいという、女子の好きなものがぎゅっと詰まった生ケーキにゲストの視線はくぎ付け!

場合によっては、通常のウェディングケーキを作るよりも安くなることもあるので、節約したい花嫁さんは検討してみて。

カップケーキタワー

美しさに思わずうっとり…オンブルケーキ

オンブル(ombre)とは、フランス語で「グラデーション」「階段」という意味。

オンブルケーキは、生クリームの色が徐々に変化して、まさにグラデーションになっているのが美しくておしゃれ。

スポンジ部分もグラデーションになっているデザインもあるとか!

日本ではまだ珍しいデザインなので、トレンドを先取りしたい花嫁さんはチェックして!

グラデーションケーキ(オンブルケーキ)

まるで宝石?美しく輝くジオードケーキ

ジオード(geode)とは、英語で「晶洞石(しょうどうせき)」という意味。

「晶洞石(しょうどうせき)」といったら、アメジストやメノウが有名ですね。

ジオードケーキは、ジオードを飴細工で忠実に再現したもので、食べるのがもったいないくらいですが、もちろん食べられます。

ラグジュアリー&エレガントなジオードケーキは、とても印象的で他とは一線を画すデザイン。

ジオードケーキ

関連記事
まるで宝石!『ジオードケーキ』が海外花嫁に大人気!

幸せがあふれ出すフルーツシャワーケーキ

ケーキのトップから下に向かって、フルーツが溢れだすようにデコレーションしたのがフルーツシャワーケーキ。

まるで2人の幸せがあふれ出したかのようなデザインです。

フルーツシャワーケーキ

ゲストもびっくり!プリントケーキ

生クリームケーキに、写真がプリントされた「プリントケーキ」。

写真のプリントに使われたシートやインクは、ケーキ用の特殊なものなので、もちろん食べられます!

オリジナリティあふれるケーキにしたい2人にオススメ。

大人な花嫁から支持!シンプルケーキ

デコラティブなケーキとは違って、シンプルさを追求したウェディングケーキも密かに人気。

クリームの塗り方を工夫し、抑えた装飾のシンプルケーキは、センスのよさが光ります。

関連記事
『シンプル』が気になるっ!海外のウエディングケーキデザイン集

ウェディングケーキをさらに素敵にしてくれる、「飾り」に注目!

おもしろいケーキトッパー

ウェディングケーキをさらに個性的にしてくれるアイテムを紹介します。

ケーキがさらに華やかに!ケーキトッパー

ケーキトッパーとは、ケーキの上に付けるデコレーションアイテムのこと。

英字のモチーフや人形、ガーランド風など、さまざまなタイプがあります。

人気の英字フレーズは“Best Day Ever”つまり「今までで最高の日」のほか“Just Married”“Mr.&Mrs.”や2人のイニシャルなど。

生花を使うとおしゃれ度がぐんとアップ

本物の花を生ケーキにデコレーションするデザインが人気。

イギリスのヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルウェディングでも、生花を使ったウェディングケーキが注目されていましたね。

生花をふんだんに使ったケーキはとても華やかでスタイリッシュだから、これからのトレンドになるかも?

生ケーキをかわいくしたいなら、リボンで装飾を

小さな頃から女の子の心をくすぐるリボン。

リボンは「結ぶ」という意味があるので、とても縁起のいいアイテムでもあるのです。

海外では、砂糖菓子でなく本物のリボンをケーキにかけて結ぶのも人気。

生ケーキならではの魅力!ウェディングケーキを使った演出

ケーキカット(ケーキ入刀)

ウェディングケーキを使う演出は披露宴の見せ場の1つ。

定番からちょっと珍しいものまで、ウェディングケーキ使った演出を紹介します。

定番中の定番!ケーキカット

新郎新婦が2人でウェディングケーキにナイフを入れるケーキ入刀。

ケーキカットには、ふたりが初めて共同作業をするという意味があります。

ケーキカットの前に、ケーキ入場の演出を取り入れれば、お気に入りのウェディングケーキがさらに注目してもらえそう、

ファーストバイトで2人の愛情と信頼を確認

「はい、あーんして」で、新郎新婦がウェディングケーキを食べさせ合う、ほほえましい演出がファーストバイト。

新郎から新婦へは「一生食べるものに困らせない」、新婦から新郎へは「一生美味しい食事を作ってあげる」という意味が込められています。

巨大なスプーンを使って、おもしろおかしく演出する方法もアリ!

ファーストバイト以外にも、両親が食べさせ合う「お手本バイト」、両家の母親がそれぞれの子どもに食べさせる「ラストバイト」、子供から親に感謝こめて食べさせる「サンクスバイト」もあります。

披露宴の新定番!フォトジェニックなカラードリップ

新郎新婦がゲストの目の前で、カラフルなソースをケーキにかけてカラードリップケーキを完成させる演出です。

カラフルなソースがケーキのトップから落ちる様子は、シャッターチャンスとしても申し分なし!

ソースをかけるのは、2人の初めての共同作業でもあるので、ケーキ演出の新しい定番となりつつあります。

関連記事
ウェディングケーキ演出は『カラードリップケーキ』で決まり!ドリップアイディアまとめ

ブックケーキに結婚を誓うサインを

まるで、開いた洋書のようなデザインのブックケーキ。

ケーキ入刀の代わりに、新郎新婦がチョコペンで結婚を誓うサインをする演出も人気です。

結婚証明書という大事な役目を果たすウェディングケーキは、「誓約書ケーキ」ともいいます。

関連記事
人前式で使える!おもしろい誓いの言葉の作り方5選

だるまケーキに「目入れ」

だるまをモチーフにしたウェディングケーキに、入刀の代わりに新郎新婦がチョコペンで目入れをするのがお約束。

ちょっと珍しいですが、ケーキ入刀に比べると落ち着いた感じがするので、大人婚でも恥ずかしくない様子。

和婚の新郎新婦に人気です。

まとめ

  • 生ケーキのメリットは、幸せのおすそ分けができること、好きなデザインにできること
  • 生ケーキのデメリットは、値段が高いこと、ボリューミーなデザインには向かないこと
  • 生ケーキのデザインはシンプルからデコラティブなものまで幅広い
  • ケーキを使った演出はケーキカット以外もあるので要チェック
  • 生ケーキは1段のデザインなら比較的安い

気に入った生ケーキは見つかりましたか?

結婚式のシンボルともいえるウェディングケーキは、幸せのおすそ分けができる生ケーキがやっぱり魅力的ですね。

オススメ記事