結婚式の二次会は「演出なし」もOK!飲み会風でも飽きさせない工夫

結婚式の二次会は「演出なし」もOK!飲み会風でも飽きさせない工夫

結婚式の二次会では、ゲスト全員参加のクイズやビンゴなどが定番ですが、どんな演出やイベントを企画すればいいのか悩ましいもの。

いっそ演出・余興は一切なしでもいいかも!と考えているカップルもいるのでは?

確かに限られた時間のなかで会話や料理を楽しもうとするなら、余計な演出がない方がいいかもしれませんね。

そこでここでは、結婚式の二次会を演出なしでやるのはアリかナシか、演出なしで二次会をやるならどんな工夫をすればいいのかをまとめてみました。

余興なし、ゲームなし、景品なしの二次会もOK!

二次会に演出なしなんて変じゃない?と心配になる方もいるでしょう。

しかし実際に結婚式を挙げた新郎新婦のなかには、ゲームや演出を一切しない二次会を選択し、成功したカップルもたくさん。

ゲストとの歓談をメインにしたいから、という理由で、飲み会形式のカジュアルな二次会をすることはまったく非常識ではないですよ。

ただし二次会の演出をなしにすることには、メリットもデメリットもあるので、よく比べてから決めることが大切!

結婚式の二次会を、演出無しにする5つのメリット

少人数結婚式

結婚式の二次会を演出なしにすると、次のようなメリットがあります。

1.ゲストとゆっくり会話を楽しめる

二次会の演出をなしにすると、時間をすべて歓談にあてられます。

結婚式の最中は、新郎新婦とゲストがじっくり話をする時間をなかなか取りづらいもの。

ゆっくりゲストと交流する場にしたいなら、演出なしの二次会がおすすめです。

2.大人婚は演出無しでしっぽりと。落ち着いた雰囲気になる

ゲスト全員参加のゲームや新郎新婦クイズなどは、二次会の定番演出ですが、騒がしくなって収集が付かなくなることもしばしば。

またゲストの年齢層が30代以上など、大人カップルの場合は、二次会の定番ゲームにも飽き飽きしているかも?

演出無し&ゲーム無しにすることで、落ち着いた雰囲気で、ホームパーティー的な二次会がかないますよ。

3.演出や景品費用の節約になる

演出やゲームをしなければ、機材や業者、景品などにかける費用が安くすみます。

新生活に向けて節約したい、会費を低く抑えたいといった場合にも、演出なしの二次会はぴったり。

4.幹事の準備の負担が軽い

二次会の幹事をたのまれた友人は「結構大変だった」という声が多いもの。

演出やゲームを企画したり、景品などを手配したりする必要がなければ、二次会を準備する幹事の手間ひまが少なくなります。

ゲストとのコミュニケーションを目的とした、会話重視のパーティーにしたい、ということを幹事に伝えておきましょう。

5.歓談のみなら、会場の選択肢が増える

余分な演出をしない場合、音響や映像などの設備はいりません。

そのため設備が整った会場を選ぶ必要がなくなり、二次会の会場選びの幅がぐんと広がります。

行きつけの居酒屋やおしゃれなカフェバーなど、好きな場所でパーティ―ができますよ。

演出無しの二次会に不満の声?2つのデメリット

一方、演出なしの二次会にはデメリットもあります。

1.ゲストが退屈するかも

演出を一切しないと、ゲストが手持ちぶさたになってしまう可能性が。

ゲスト同士が交流しやすい工夫や、演出以外で楽しんでもらえる企画が必要です。

また「自由にご歓談ください」と言われても、初対面同士だとなかなか決まずいもの。

新郎新婦が積極的に話題に入ったり、配慮をしてあげましょう。

2.会費が高すぎる!と感じられるかも

演出や余興がなにもないと、支払った会費が高すぎると感じる可能性もあります。

会費の設定額や、飲食物の内容などには気を使うべきですね。

歓談のみの二次会を「つまらない」と思わせない!4つのアイディア

披露宴の食事 演出なしの二次会でゲストが退屈しないために、次のような工夫をしてみましょう。

1.スピーチなしはNG!しっかりメリハリを

二次会の始まりと締めの挨拶はしっかりと心を込めて行い、メリハリを。

始まりの挨拶では、二次会の趣旨が歓談中心であることを伝え、交流を楽しんでもらうようにしましょう。

締めでは、ゲストへの感謝をきちんと伝えるのがマナー。

2.料理やデザート、飲み物にこだわる

演出なしの二次会では、余興などがない分、食べ物や飲み物でゲストに喜んでもらいましょう。

おいしく見た目にも美しい料理やデザートは、会話の糸口にもなりますし、写真撮影などで盛り上がるきっかけにもなります。

披露宴からの流れで食事が続くゲストのためには、豊富な種類の飲み物や軽くつまめるミニデザートを用意するのがおすすめ。

3.プチギフトをちょっと豪華にする

二次会が飲み会風だと、普段の飲み会費用と比較して会費が高すぎると思われる可能性があります。

節約した演出代で、ゲストに喜んでもらえるような、ちょっとうれしいプチギフトを用意するのもおすすめ。

披露宴のプチギフトの費用相場は200円~400円ほどなので、これよりもすこし高めで探してみては?。

演出なしの結婚式の二次会、内容はどうする?

披露宴のスイーツ 演出やゲームなどなしで二次会をやるとなると、どんな内容にすればよいのか迷いますよね。

次のような内容を企画するのがおすすめです。

新郎新婦のテーブルラウンド

演出なし&歓談中心の二次会で必ず取り入れたいのが、新郎新婦のテーブルラウンドです。

テーブルラウンドといっても、披露宴のように司会者が音頭をとるような演出ではなく、各テーブルを新郎新婦が自由に移動して乾杯する程度でOK!

すべてのゲストとまんべんなく顔を合わせて話ができ、直接感謝を伝えることができますよ。

BGMにムービーを流す

映像設備がある会場なら、思い出のシーンや挙式・披露宴の様子を撮影したムービーをBGM的に流すのもおすすめ。

食事や会話をしながら、視覚的にも楽しめます。

ゲストへのインタビュー

フリーの歓談がひと段落したら、ゲストに新郎新婦に関するインタビューをしたり、新郎新婦への質問を募ったりする企画も楽しいですよ。

場が和やかに盛り上がるでしょう。

ケーキカット

派手な演出をしない代わりに、ウェディングケーキを新郎新婦がカットして、ゲストにサーブするのも素敵。

お世話になった方に新郎新婦がケーキを食べさせる「サンクスバイト」、予告なしにゲストにケーキを食べさせる「サプライズバイト」を盛り込むのもおすすめ。

結婚式の二次会を「演出なし」にした場合の会費は?

結婚式の二次会会費の相場は、このとおり。(演出あり)

  • 全国平均金額:男性 6,100円/女性 5,400円
  • 首都圏平均金額:男性 7,100円/女性6,400円

※ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

二次会の会費の内訳は、大きくわけて「会場費・飲食費」と「演出・景品の費用」の2つ。

演出なしの二次会では後者がほとんどかからないため、会費は相場よりも安く設定するのが理想的です(首都圏なら5,000円台~6,000円台程度)。

会場に支払う費用は、地域や会場、料理などによって変わりますから、実際にかかる費用を相場と比較したうえで価格を設定しましょう。

まとめ:演出なしでも二次会は工夫次第で楽しめる

  • 演出なしの二次会もアリ
  • ゆっくり歓談が楽しめる、費用が抑えられるなどのメリットがある
  • ゲストが退屈する可能性や、会費に割高感が出る可能性がある
  • ゲストが退屈しない企画や適切な会費設定がポイント

演出なしでも、ポイントを押さえて企画すれば、素敵な二次会が実現します。

ゲストとの交流を楽しみたいなら、演出なしの二次会も検討してみてくださいね!

関連記事
結婚式の二次会が新郎新婦「別々」!?別行動にする理由は?