結婚式で「親族紹介」をしないのはアリ?代わりの方法を紹介

結婚式で「親族紹介」をしないのはアリ?代わりの方法を紹介

結婚とは、家と家との結び付きでもあります。

そこで、たいていの場合は結婚式で両家の親族が一同に会する「親族紹介」の時間を設けています。

でも親族が少ない、などの理由で「したくない」という人もいるんです。

親族紹介をやる意味、やらなくてもいい場合、代わりになる方法を紹介します。

この記事のポイント!
  • 親族紹介の意味と方法がわかる
  • 親族紹介をやらなくてもいいケースがわかる
  • 親族紹介のかわりになる方法がわかる

結婚式で「親族紹介」って必要なの?理由や意味が知りたい

親族紹介

そもそも親族紹介って必要なんでしょうか?意味や方法を紹介します。

関連記事
結婚式の親族紹介とは?親族の呼び方や順番

親族紹介の意味とは?

親族紹介とは、挙式の前後に両家が一同に会し、互いを紹介し合うもの。

あらかじめ両家の身内を紹介しておかないと、披露宴中に「新郎(新婦)親族の席に座ってる、あの人は誰なんだろう…?」と、お互いになんだか気まずい雰囲気になってしまうかも。

親族紹介をすることで、お互いの親族の顔や関係を知ることができ、「これからよろしくお願いします」という気持ちを伝えることのできる大事な時間でもあります。

親族紹介の流れ

大げさな印象を持っているかもしれませんが、親族紹介は実はシンプルなもので時間も10~20分程度。

司会者の進行で、新郎側→新婦側の順で親族の紹介を行います。

やり方は、両家の代表者から親族を紹介する代表者形式か、親族が自分で紹介する自己紹介形式かのいずれか。

どちらの方法にしても新郎(新婦)との続柄と名前を紹介し、ひとこと「よろしくお願い致します」と挨拶をする程度。

時間に余裕がある場合は、新郎(新婦)が幼い時のエピソードを簡単に話すことはありますが、親族の学歴や職業などに詳しく触れることが目的ではありません。

どこまでの親戚を紹介するの?

招待した親族全員を紹介するのが基本。

やむを得ず欠席する親族がいる場合は、「海外出張のため新郎の弟○○(名前)は欠席とさせていただきます」など、簡単に理由を説明します。

親族紹介をする順番は?

親族紹介は新郎側からはじめるのが一般的。全員紹介し終わったら新婦側の紹介に移ります。

年齢順ではなく、新郎(新婦)からみて、血縁の近いほうから行います。

身内を紹介するものなので、敬称はつけません。

新郎新婦が同席しないこともある

親族紹介は挙式の前か、挙式と披露宴の合間にやることがほとんどですが、新郎新婦は写真撮影やお仕度の関係で同席できないこともあります。

また、会場のスペースや時間の都合で親族紹介自体行えないところもあるので、親族紹介の有無や新郎新婦が同席するかは事前にプランナーに確認が必要。

結婚式で親族紹介をしない理由・しなくてもいい場合

結婚挨拶のやり方

親族紹介は行うことが一般的ですが、絶対にやらなくてはいけないものでもありません。

以下のようにあえてやらなくてもいいという場合もあります。

  • 顔合わせ食事会などで、すでに紹介が済んでいる
  • 新郎側と新婦側で、親族の人数差が大きい

結婚は家と家との結びつきといっても、最近は家同士の付き合いが昔より浅くなっているというのも事実。

また、結婚式以降、顔を合わせるのは互いの両親と兄弟くらいのものだし、堅苦しいことはしたくないから、親族紹介は無しにしたいと考える新郎新婦も。

このほか、会場の都合で時間が場所がなく、できないというケースもあります。

家庭の事情や会場の都合などを考慮し、両家ともにしなくてもいいと納得している場合は、親族紹介はやらなくてもいいでしょう。

親族紹介無しの場合、その代わりの方法は?

親族紹介

両家ともに「親族紹介をしなくてもよい」と納得して、親族紹介の時間を設けないにしても、何もしないのはちょっと気が引けるもの。

そんな時は以下のように挨拶をかわす方法もありますよ。

披露宴中に、両親が挨拶してまわる

今後のお付き合いを考えて、披露宴の歓談タイムの時などに、両親に相手の親族を回って挨拶をしてもらうといいでしょう。

新郎新婦がお色直しで中座しているあいだに、挨拶まわりをする両親もいます。

少人数婚なら、式のプログラムとして親族紹介を盛り込む

親族中心の少人数婚だったら、会食中に親族紹介を行うのもいいでしょう。

新郎新婦へのお祝いもかねて自己紹介してもらうこともあるようです。

新郎新婦がエピソードを交えながら1人ずつ親族を紹介していく方法なら、堅苦しくならずカジュアル感があっていいですね。

親族紹介の有無はどう決める?するかどうかは両親と相談して!

新郎新婦が「親族紹介はやらなくていい」と考えていても、2人だけでやるやらないを決めずに両親に必ず相談しましょう。

2人が思うより両親は「相手方の親戚はどんな感じなのかしら?」と気にしているかも。

「やるのが当然」と思っていたり「今後もいいお付き合いをしたいから、挨拶だけはきちんとしておきたい」という希望があるかもしれないので、まずは相談を。

まとめ

  • 親族紹介は互いの親族が一同に会し挨拶を交わせるいい機会
  • どちらかの親族が少ない時などはあえてやらない場合もある
  • 親族紹介の有無は両親にもかならず相談を
  • 親族紹介をしなくても、披露宴中に両家で挨拶できるとGOOD

親族紹介の時間を設けなくても、披露宴の合間に両親に挨拶してもらったほうがベター

親族紹介の時間を設けないとしても、結婚を機に親族として今後のお付き合いが始まるのは確か。

親族紹介をやる、やらないに関係なく「よろしくお願いします」の気持ちを大切にもっていましょうね。

オススメ記事