結婚式の親族紹介とは?親族の呼び方&順番の具体例

結婚式の親族紹介とは?親族の呼び方&順番の具体例

結婚式といえば、ついつい挙式と披露宴のことばかりに気がとられがちですが、結婚式は新郎新婦2人だけのことではなく、両家の結びつきのはじまりという意味もあるのです。

だから親族紹介はとても大事なのですが、実はその方法については意外に知られていないことも。

そもそも親族紹介とは何か、紹介する時の呼び方や順番などを具体的に説明します。

この記事のポイント!
  • 結婚式で親族紹介をする新郎新婦向け
  • 親族紹介の流れがわかる
  • 親族紹介をする時の親族の呼び方とマナーがわかる

結婚式の「親族紹介」とは?

家族挙式

親族紹介とは、結婚式当日に新郎家と新婦家の両家が一堂に会して親族を紹介しあう機会のこと。

結婚とは新郎新婦2人だけのことではなく、家と家との結びつきでもあります。

結婚を機に両家のお付き合いが始まることから、結婚式では多くの場合、「親族紹介」の時間を設けているんですよ。

親族紹介を行うタイミングと場所

親族紹介は、挙式と披露宴の間や、挙式が始まる前に行うことが一般的。

場所は、親族控室で行うことが多いですが、チャペルなどの挙式会場で行う場合もあります。

かかる時間は10分から20分程度。

親族にゲストより早く来てもらう必要がある場合は、招待状を送る際に付箋をつけて知らせます。

【付箋の例文】
誠に恐れ入りますが
親族紹介を当日○時○分より行いますので
10分前迄に○○までお越しくださいますよう
よろしくお願い申し上げます

親族紹介は誰が進行役を務めるの?

仲人や媒酌人がいる場合は、進行役を依頼します。

いない場合は会場スタッフが進行してくれたり、新郎父が進行役を務めることも。

新郎新婦不在で親族紹介を行うこともある

親族紹介は、新郎新婦も立ち合って行うことがほとんど。

ただし新郎新婦が支度や記念写真の撮影などをしている間に、親族紹介が行われるケースもあるようです。

新郎新婦が必ずいなければならない、という決まりはありません。

親族紹介の呼び方一覧。新郎新婦からみた続柄で呼ぼう

親等と続柄
親等と続柄

親族を紹介する時は、新郎(新婦)からみた続柄で呼びます。

呼び方は、「新郎の[続柄]の[名前]です」が一般的。(例:新郎の父の、スズキタロウです。)

新郎新婦から血縁が近い順に並べた親族と続柄、呼び方を紹介します。

1.父、母【一親等】
「新郎の父」
「新郎の母」

2.兄姉、及びその配偶者(義理の姉、義理の兄)【二親等】
「新郎の兄」
「新郎の姉」
「新郎の兄(兄の名前)と、その妻(義理の姉の名前)」
「新郎の姉夫婦の(義理の兄の名前)と(姉の名前)」

ポイント!義理の兄姉弟妹の呼び方

「新郎兄の(兄が自己紹介)です。こちらは妻の(妻の名前)です。」

※義理の兄弟姉妹の紹介は、兄弟自身が行ったほうがスムーズな場合も

3.弟妹、及びその配偶者(義理の妹、義理の弟)【二親等】
「新郎の弟」
「新郎の妹」
「新郎の弟(弟の名前)と、その妻(義理の妹の名前)」
「新郎の妹夫婦の(義理の弟の名前)と(妹の名前)」

3.兄弟の子供(甥、姪)【三親等】
「新郎の甥(おい)」
「新郎の姪(めい)」
「新郎兄の(兄の名前)と妻(義理の姉の名前)、その子供の(甥姪の名前)」

ポイント!甥姪の呼び方

「新郎兄の(兄が自己紹介)です。こちらは妻の(妻の名前)、子供の(子供の名前)です。」

※きょうだいに子供がいる場合、一家をまとめて紹介するのがスムーズ

4.祖父、祖母【二親等】
「新郎の祖父(そふ)」
「新郎の祖母(そぼ)」
「新郎の祖父と祖母の(祖父の名前)と(祖母の名前)」

5.曽祖父、曾祖母【三親等】
「新郎の曾祖父(そうそふ)」
「新郎の曾祖母(そうそぼ)」
「新郎の曾祖父と曾祖母の(曾祖父の名前)と(曾祖母の名前)」

6.伯父伯母(兄姉)、叔父叔母(おば)(弟妹)【三親等】
「新郎の伯父(おじ)」
「新郎の叔母(おば)」
「新郎の伯父と、その妻」
「新郎の伯父の(伯父の名前)と、伯母の(伯母の名前)」

ポイント!伯父叔母の呼び方

「新郎の伯父の(伯父が自己紹介)です。こちらは妻の(伯母の名前)です。」

※夫が代表して、妻の紹介をしてもOK!むしろ伝わりやすいのでおすすめ。

7.いとこ、及びその配偶者と子供【四親等】
「新郎のいとこ」
「新郎のいとこの(いとこの名前)と、その妻(いとこの妻の名前)」

ポイント!いとこの呼び方

「新郎の伯父の(伯父が自己紹介)です。こちらは妻の(伯母の名前)と、子供の(いとこの名前)です。」

「新郎のいとこの(いとこが自己紹介)です。こちらは妻の(いとこの妻の名前)と、子供の(いとこの子の名前)です。」

※未婚のいとこや、既婚のいとこは、一家をまとめて紹介するのがスムーズ

8.大伯父・大伯母(祖父母の兄姉)、大叔父・大叔母(祖父母の弟妹)【四親等】
「新郎の大伯父(おおおじ)」
「新郎の大叔母(おおおば)」

結婚式の親族紹介 順番の具体例

親族紹介の順番は、血縁の濃い順に行うのが一般的。

新郎家から紹介を始めて、父方→母方の順番で行い、終わってから新婦家の紹介に続きます。

  1. 新郎家の家族(父母、兄弟姉妹)
  2. 新郎家 父方の親族(祖父母、伯父叔母など)
  3. 新郎家 母方の親族
  4. 新婦家の家族
  5. 新婦家 父方の親族
  6. 新婦家 母方の親族

絶対にこの順番と決まっているわけではありませんが、具体的な親族紹介の順番はこのとおり。

1.家族の紹介順
父→母→兄弟姉妹とその配偶者→兄弟姉妹のこども(甥・姪)

2.親族の紹介順
祖父母→伯父伯母(叔父叔母)→いとこ→曾祖父母→大伯父大伯母(大叔父大叔母)

親族紹介のやり方には、2つのタイプがある

和装ウェディングの新郎新婦

親族紹介は代表者によるものと、自己紹介の2つのタイプがあります。

1.代表者が親族を紹介するタイプ

新郎側と新婦側のそれぞれの代表者が、まとめて親族紹介をするタイプ。

代表者は新郎新婦それぞれの父親が務めることが多いようです。

父親がいない場合は、母親や兄、伯父などが行います。

2.それぞれが自己紹介するタイプ

代表者を立てずに、親族がそれぞれ自己紹介するタイプ。

親族の数が少なかったり、スムーズに自己紹介ができそうだったら、この方法がオススメ。

それぞれが自己紹介するスタイルでも、念のため代表者(進行役)を決めておくといいでしょう。

どのタイプで行うかは事前に決めておく

当日あわてないためにも、どのタイプで行うかを事前に両親と相談しておきましょう。

代表者がまとめて行うタイプが、比較的多いようです。

その際は、紹介する順番に親族の名前と続柄をかいたメモを用意することをオススメします。

両家の親族が顔を合わせる場では緊張したり、名前をど忘れする可能性もありますよ!

文例付き!結婚式の親族紹介の流れ

親族紹介

代表者が行うタイプの親族紹介の流れを、例文付きで紹介します。

1.進行役の挨拶

進行役(式場スタッフ)
「ただいまより、ご両家の皆様のご紹介を行いたいと思います。それでは新郎様のお父様、ご親族の紹介をお願い致します」

2.新郎側の紹介

新郎父
「□□家(新婦親族)の皆様、〇〇家 親族をご紹介いたします。
私は新郎の父の〇〇と申します。この度は2人のためにお集まりいただき、誠にありがとうございます。
それでは引き続き親族を紹介させていただきます。こちらは新郎の母親の〇〇でございます」

新郎母
「新郎の母○○です。よろしくお願いいたします」

※紹介された人は、一言挨拶をのべ、立っていれば一歩前に出てお辞儀、座っていれば立って一礼します。
時間に余裕がある場合は、新郎(新婦)との簡単なエピソードを添えてもいいでしょう。

新郎父
「隣が新郎の兄の○○、兄の妻で義姉の○○、その隣が姪の○○でございます」
「新郎の伯父でわたしの兄にあたる○○です」
「新郎のいとこで、○○の長女の○○です」

※単なる「おじ」や「いとこ」だけでは分かりづらいので、新郎の両親との続柄や誰のこどもなのかを添えるといいでしょう。

(中略)

新郎父
 「以上でございます。幾久しくよろしくお願い申し上げます。」

※忌み言葉である「終わります」「終了します」は使ってはいけません!

新郎親族一同 一礼

3.進行役の挨拶

進行役
「それでは新婦様のお父様より、ご親族の紹介をお願いいたします」

4.新婦側の紹介

新婦父
「〇〇家(新郎の親族)の皆様、□□家親族をご紹介いたします。私は新婦の父の〇〇と申します」

(中略)

新婦父
「以上でございます。幾久しくよろしくお願い申し上げます」

5.結びの挨拶

進行役
「以上をもちまして、親族紹介とさせていただきます。本日より、末長いお付き合いのほどを、何卒よろしくお願い申し上げます。」

新郎新婦親族一同
「幾久しくよろしくお願いいたします」

結婚式の親族紹介のマナー

紋付き袴と色打掛

どんなスタイルで結婚式を行うとしても、親族紹介にはおさえておきたいマナーがあります。

親族を紹介する順番

親族紹介で抑えておきたいマナーの1つが、紹介する順番です。

新郎家→新婦家、父方→母方 の順ということはすでに解説しましたが、ほかにも注意する点があるのでチェックしておきましょう。

  • 新郎側親族→新婦側親族
  • 父方親族→母方親族
  • 血縁の濃い順に紹介する(一親等から)
  • 男性から紹介する(夫婦など場合)
  • 同じ親等の場合は、年齢順でOK

親族紹介では敬称はつけない

相手の親族に対して身内を紹介するものなので、親族紹介では敬称はつけません。

【例文】
○「新郎の伯父の○○でございます」
×「新郎の伯父さんの○○です」

忌み言葉は使わない

結婚式なので、忌み言葉は使うのはタブー。

親族紹介が終了する時でも「終わります」とは言わず、「以上です」などと表現して!

親族紹介こんな時はどうする?

親族紹介について、気になる点をまとめてみました。

親族紹介をする時の立ち位置(並び方)は?

基本的に挙式や披露宴と一緒で、中央が新郎新婦、中央に向かって左側が新郎右側が新婦の親族が座ります。

新郎新婦に近い方から、紹介する順番に並んでもらった方がいいでしょう。

より分かりやすくするために、親族紹介の一覧表や席次表を用意するしっかりものの花嫁さんもいます。

親族紹介の並び方
親族紹介の並び方

親族紹介はどこまでするもの?

基本的に、結婚式に招待した親族全員を紹介します。

ただ、あまりにも親族が多くて時間かかってしまいそうな場合は、「いとこからは親族紹介をしない」といったルールを明確に決めましょう。

いったんルールを決めたら、父方のいとこは紹介して母方のいとこは呼ばないといった不公平なことは避けて。

また、結婚式に招待された新郎新婦の兄弟姉妹の婚約者が、親族紹介に出席するケースあります。

婚約者に親族紹介に出席してもらうか、出席する場合の紹介の順番は、家族と相談して決めましょう。

欠席者がいる場合はどうする?

欠席となる親族がいる場合は、その親族の順番か親族紹介の最後に、欠席であることと、その理由を簡単に伝えます。

【例文】
「新郎の姉の○○は本日、出産直後のため欠席しております」

婿養子に入る場合はどうする?

婿養子の場合は、新婦側から先に親族紹介をすることもありますが、あまりこだわらず新郎側から行うケースもある様子。

親族の中には形式にこだわる人がいるかもしれないので、心配な時は親族紹介を始める前にとひと言入れておくといいでしょう。

【例文】
「慣例にならって新郎側から始めます」

結婚式で親族紹介をしないのは非常識?

親族紹介は基本的には行うものですが、会場は式次第の関係で時間や場所が十分とれないこともあります。

また、どちらかがの親族が非常に少ないなどの事情もあるでしょう。

両家で「親族紹介は行わなくてもいい」と考えが一致すれば、無理に行うことはありません。

その際は、披露宴中や結婚式の合間をぬって、両家の親が親族を回って挨拶をするなどの気配りがあるといいですね。

家族挙式や親族婚であれば、披露宴中に親族紹介を行う方法もあります。

関連記事
結婚式で「親族紹介」をしないのはアリ?代わりの方法を紹介

まとめ

  • 親族紹介はこれからのお付き合いにつながる大事な機会
  • 親族紹介をする時は、新郎(新婦)側からみた続柄で呼ぶ
  • 親族紹介は敬称はつけず、忌み言葉はタブー
  • 親族紹介の順番は新郎→新婦父方→母方で年齢順ではなく血縁の濃い順番で

挙式や披露宴のことばかりに目がいってしまいがちですが、両家の親族を紹介し合うのも大事なセレモニー。

滞りなくすませ、今後のよいお付き合いにつなげていきたいですね。