「オーバースカート」で楽しむ、2wayウエディングドレス集

「オーバースカート」で楽しむ、2wayウエディングドレス集

ウェディングドレスのオーバースカートとはどんなもの?

ドレスやスカートの上に重ねて着用するオーバースカート。

重ね着することで、シルエットにボリュームをもたせたり、素材感や色の重なり具合を楽しんだりできます。

オーバースカートをうまく使えば、ドレスを2通りに楽しめるということで、ウエディングドレスに取り入れるのがトレンドに。

どんなふうに取り入れればいいのか、海外の花嫁さんを参考にしてみましょう。

 

Luxuria. Veil. 👰🏼さん(@luxuria.bridal)がシェアした投稿 -

Aライン&スレンダーラインの2wayウェディングドレス!

ウェディングドレスの定番人気デザインの、Aライン。

そして、着るだけでスタイルアップできちゃう!?やせ型花嫁さんが映える、スレンダーライン。

どっちのウェディングドレスも諦められない!というわがまま花嫁さんは、オーバースカートで2通り楽しみましょう♪

マーメイドライン&Aラインの2wayウェディングドレス!

ドレスは、身頃やネックラインは同じでも、スカート部分のシルエットが変わるだけで雰囲気が全く違ってみえるもの。

マーメイドラインの色っぽいシルエットのドレスも、ウエストから裾までのシルエットをAラインに変えるだけで可愛らしい雰囲気に。

刺繍の配置や、生地の色みも変えると、まるで別のドレスを着ているように見せることもできますよ。

 

Wendy's Bridalさん(@wendysbridalcolumbus)がシェアした投稿 -

オーバースカートで楽しむロングトレーン

ウエディングドレスというと、ロングトレーンに憧れますよね。

長く豪華な引き裾は、身分の高い証ともされているので、格調高い結婚式にはぴったりです。

エレガントで素敵ですが、裾が長いぶん、シーンによっては大げさな印象になることも。

そこで、取り外しが可能なオーバースカート仕様で取り入れれば、気分や都合に合わせて使い分けができるのでおすすめです。

ドレスの丈もオーバースカートで自由自在に

ドレスを短い丈とロング丈で2通り楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。

ミニ丈ドレスを一つ作っておけば、あとは、オーバースカートで長さを調整することが可能。

取り外して使えると思うと、思い切った長さにも挑戦しやすいですね。

おすすめは、薄手のチュール素材を使うことです。

重さも出ないですし、軽やかでお洒落な印象に仕上がりますよ。

シンプルなドレスをゴージャスに演出

シンプルなドレスが好みだけれど、せっかくならゴージャスなデザインも楽しみたい。

そんなワガママを叶えてくれるのが、オーバースカートです。

刺繍やレースをあしらった豪華な生地と、シンプルで清楚な無地のホワイトサテン地を合わせたドレスなどがぴったり。

メインはスカート部分だけ無地にしたドレスで、身頃と同じ布地を使ったオーバースカートを付属させればOKです。

 

Mary Ioannidisさん(@maryioannidiscouture)がシェアした投稿 -

スカートのボリュームアップにぴったり

スカート部分のボリュームを調整するのもオーバースカートの得意分野。

土台はシンプルなフレアシルエットのドレスで、オーバースカートをつけるとふんわりとしたプリンセスラインのドレスに早変わり!

エレガントで大人っぽい雰囲気と、可愛らしい雰囲気の両方を楽しめます。

生地の柄を若干変えれば、ドレスの表情がガラリと変わるので、おすすめ。

 

Wanda Borgesさん(@wanda_borges)がシェアした投稿 -

大人可愛いキャミ型ドレスを優雅にアップグレード

肩紐付きで露出度が高めのキャミソール型ドレスと、オーバースカートを合わせたドレスです。

マーメイドラインの優雅なシルエットで色っぽい表情を演出しています。

上半身がシンプルでタイトなので、裾に広がったボリューミーなオーバースカートの存在感グッと引き立てられていますね。

繊細な立体刺繍を、ドレス本体とオーバースカートでリンクさせて統一感を出すのがポイントです。

 

Rachel wardさん(@rachelward_e)がシェアした投稿 -

ソフトチュールをプラスするだけで変身!

オーバースカートは、何も大げさな作りでなくてもOKです。

シンプルにチュール地を重ねただけのデザインでも十分にドレスの雰囲気を変えることが可能。

その場合は、ウエストのベルト部分を極力細くして目立たないようにデザインするのがポイントです。

土台になっているドレスがスレンダーラインなどシンプルなシルエットであればあるほど、オーバースカートの存在感が引き立てられます。

 

whitemontrealさん(@whitemontreal)がシェアした投稿 -

深めのVネックラインがヘルシーかつ色っぽい

繊細な透け素材を贅沢に使った長袖のウェディングドレス。

ドレス本体が放つサテンの上品な光沢感と、袖部分やオーバースカートに使われている薄地の軽やかさとのコンビネーションが独特の表情をみせています。

ゴージャス感をプラスしているオーバースカートを外せば、シンプルなシルエットの長袖ドレスに早変わり。

潔い深めのVネックラインが、色気を漂わせます。

披露宴・二次会ドレスにも◎花柄のオーバースカートがカワイイ!

存在感のあるオーバースカートもおすすめ。

ウェディングドレスはシンプルでスレンダーなデザインにして、披露宴や二次会では花柄のオーバースカートをあわせてみて◎

ドレスはくるぶし丈でも、裾の長いロングトレーンに返信できるのが、オーバースカートならではの楽しみかたですね。

オーバースカートがあればウエディングドレスはもっと楽しめる

ドレスのデザインは、いろいろ迷って決めづらいものです。

オーバースカートを使うなら、少なくとも2通りのデザインを楽しめるので、結婚式の演出の幅もグンッと広がりますね。

ぜひ、ドレス選びの候補にオーバースカートを取り入れてみましょう。