結婚式の招待状『手渡し』マナー!渡し方・準備方法を解説

結婚式の招待状『手渡し』マナー!渡し方・準備方法を解説

結婚式の招待状は、送り方や渡し方によって印象が大きく変わります。

上司や目上の人など、普段お世話になっている人を結婚式に招くときには、招待状を手渡しすることも多いですよね。

手渡しなら、結婚式の招待状を渡しながら、普段の感謝を伝えることもできます。

手渡しするときには、これからご紹介する招待状の書き方や渡し方などのマナーに気をつけて、相手へ敬意を払いましょう。

マナーを守って結婚式へご招待することで、心から祝福してもらえるはずです!

結婚式の招待状は手渡しした方がいい?

結婚式の招待状 結婚式の招待状は、手渡しをしても郵送してもマナー違反にはなりません。

しかし、主賓、仲人、恩師など目上の人には、直接挨拶をした上で手渡しをする方が丁寧で好印象を与えられます。

また、会社の上司や同僚など、毎日顔を合わせる人にもできるだけ手渡ししましょう。

結婚式の招待状を手渡しする前に!準備の際の注意点

やることリスト 招待状を手渡しするときは、準備の段階で郵送するときとは違ったポイントに注意しなければいけません。

招待状の入れ方や、封筒の使い方について、あらかじめ確認しましょう。

手渡しするなら招待状は糊付けしない

ゲストに直接会って招待状を渡す場合は、糊付けをしないのがマナーです。

糊付けすると、封を開けるために「切る」という作業をしなければならず、縁起が悪いとされているためです。

手渡しの場合は、郵送と違って返信用ハガキなど封筒の中身が抜け落ちて紛失する心配もありません。

返信用ハガキに切手を忘れずに貼る

ありがちなミスが、返信用ハガキに切手を貼り忘れてしまうこと。

招待状を手渡しするときでも、返信用ハガキには必ず切手を貼りましょう。

返信用の切手は、お祝い用に作られた「慶事用切手」を選ぶのが一般的です。

関連記事
結婚式の招待状に貼る『切手のマナー』!種類・料金・貼り方など

手渡しする招待状には住所を書かない

手渡しする場合は、封筒は住所なしにします。

住所が書かれている封筒を渡すことで、「もともとは郵送する予定だった?」「郵送料金を節約したの?」と不審に思われてしまう可能性があります。

好印象な結婚式の招待状の渡し方

握手する男性たち 結婚式の招待状を手渡しするときは相手の負担にならないよう、先方の都合に合わせることを最優先しましょう。

さらに、声をかけるタイミングや言葉の選び方を考えておくことで、より好印象を与えることにつながります。

あらかじめ電話で結婚の報告をしておく

招待状を送る前に、先に電話で結婚の報告をしておきましょう。

「改めて、2人でご挨拶に伺います」と伝え、迷惑にならない日時を確認してから相手のもとへ足を運んで招待状を手渡しします。

このときの連絡を、メールや人づてに伝えることは失礼に当たるため避けてください。

招待状を渡す日にちは、できれば大安を選ぶ

招待状の手渡しをする日もできるだけ、結婚式の日取りと同じく縁起がいいとされている大安を選びます。

しかし、郵送の場合と違って消印が残ることもないため、相手との都合がなかなか合わない場合には仏滅を避けることだけを意識しましょう。

職場の上司に手渡しをするなら偉い人から順番に渡そう

職場では、肩書きの偉い人から順番に渡します。

「私たちの結婚式の招待状です。お時間が合いましたらおいでください」と、謙虚な言葉を選びましょう。

職場で結婚式に招待しない人がいるなら、タイミングに注意!

職場の上司や同僚を招待する場合、招待しない人が嫌な思いをしないよう、目のつくところで招待状を渡すことは避けがほうがベター。

手渡ししたい相手を休憩時間に外へ誘い出す、退勤時に社外で声をかけるなど、十分に配慮しましょう。

招待状を渡す上でマナー違反があったときには?

悩むカップル ゲストへ失礼がないよう、十分気をつけているつもりでも、ちょっとしたミスが起きてしまうこともあります。

万が一マナー違反にあたることをしてしまったときは、すみやかに対応しましょう。

返信用ハガキの切手を貼り忘れたときは?

改めて切手付きの返信用ハガキを送るか、直接手渡しをしましょう。

その際には「先日お渡しした招待状の中に不備がありました、申し訳ありません」と、お詫びの言葉を添えてください。

手渡しなのに封筒に住所を書いてしまったときは?

必ず新しい封筒を購入し、入れ直しましょう。

渡した直後など、土壇場で気づいたときには素直にその旨を謝罪した上で「郵送しようかとも考えたのですが、どうしても直接渡したくて」という一言を添えましょう。

糊付けしてしまったときは?

改めて新しい封筒を用意して入れ直しましょう。

そのまま渡すと「マナーを知らない人だ」と悪い印象を招きかねません。

結婚式の招待状を手渡しするときは、郵送時とは違うマナーに注意!

  • 結婚式の招待状は、手渡しをすると丁寧な印象に
  • 手渡しをする場合は封筒に住所を書かず、封をする必要なし
  • 渡し方にも配慮しながら、失礼のないように
  • 万が一マナー違反があったときには、誠実な対応を