結婚式の招待状『差出人』の書き方マナー。文例も要チェック

結婚式の招待状『差出人』の書き方マナー。文例も要チェック

結婚式の招待状を送るときは、内容はもちろん封筒の書き方についてもマナーを意識しなければいけません。

特に悩んでしまうのが「差出人」の名義ではないでしょうか。

親の名前を書く場合もあれば、自分たちの名前を書く場合もありますが、実際にはどうするのがマナーなのでしょうか?

書き方のパターンや文例とともにチェックしてみましょう。

事前にきちんと確認することで、ゲストへ失礼のない招待状を用意してくださいね!

関連記事
【結婚式の招待状】宛名の書き方マナー!宛先別の具体例

結婚式の招待状、差出人名義は誰?

万年筆 結婚式の招待状を用意するとき、まず決めなければならないのが招待状の差出人名義です。

親の立場から「子どもたちが結婚することになったので、式にお越しください」と招待する場合と、自分たちで「私たちの結婚式にお越しください」と招待する場合、2種類のパターンがあります。

差出人=「主催者」と考えよう

一般的に、招待状の差出人は結婚式の主催者となる人を選びます。

悩んだときは、本人主体の結婚式なのかどうかという視点から考えてみましょう。

費用を負担する人を「主催者」と考えよう

両親の支援を受けて主催する場合は、親名義にすることが一般的です。

ただし、多くの新郎新婦は、両親から多少の金銭的援助やお祝いをいただいているはず。

その場合は両親の顔を立てて、招待状の差出人を連名にするのもおすすめです。

招待状の差出人に決まりはないので、双方の両親と相談して決定しましょう。

結婚式の招待状は親名義?本人名義?

招待状は親名義と本人名義、どちらの場合でもマナー違反になりません。

新郎新婦、そして家族も含めてよく話し合い、決定することがおすすめです。

結婚式の招待状、差出人の書き方パターン

結婚式の招待状 差出人の名義についての考え方は、新郎・新婦間でも分かれてしまうのではないでしょうか。

それぞれ別個の考え方があるため、悩んだときには次のような書き方を参考にするのもいいかもしれません。

格式を重んじるなら、招待状の差出人は親名義

格式高い結婚式では特に、親名義で用意することが一般的です。

以前、結婚とは「家と家の結びつき」だと捉えられてたので、結婚式の招待状は親名義で送付するのが当然でした。

ご年配の親戚や仕事関係者が多い改まった結婚式なら、親名義で招待状を作成する場合も多いです。

カジュアルな結婚式や、ウエディングパーティーでは気にしすぎる必要はないので、自分たち名義でOK。

また、お互いの親御さんが問題ないのであれば、新郎新婦名義でもかまいません。

封筒と招待状で名前を変えるのもアリ

封筒は親名義、招待状は新郎新婦名義、もしくはその逆というように分けるのもいいですね。

意見が分かれ、かつどちらの意見も立てたいときにおすすめです。

親と新郎新婦の連名もアリ

親と新郎新婦、両方の名前を連名という形で書き記してもかまいません。

その場合、差出人の欄が長くなるため全体のバランスを見ながら文字の大きさを整えましょう。

こんなときどうする?結婚式の招待状、差出人の書き方マナー

結婚式の招待状 招待状を用意するときは、封筒はもちろん返信用ハガキにも差出人や住所を記載します。

「どう書けばいい?」と悩んでしまったときは、次のような書き方マナーも参考にしてくださいね。

差出人の住所は宛名の向きに合わせよう

差出人の住所の書き方は、封筒の向きにあわせて書きましょう。

縦向きなら縦書き、横向きなら横書きで合わせてください。

返信用ハガキの住所は差出人と同じにしよう

返信用ハガキの住所や宛名は、基本的に差出人と同じにします。

差出人は親名義で、返信用ハガキは自分達が受け取りたいというときは、本人の住所にしてもかまいません。

新郎新婦名義で出す場合には姓名・住所の書き方に注意

新郎新婦の名義で出し、入籍済の場合は小さく旧姓をかっこ書きします。

【差出人の書き方例(入籍済)】
鈴木 太郎
   花子(旧姓:山田)

同じ家に住んでいない場合は、封筒には二人分の住所を記します。

【差出人の書き方例(実家住み・別居)】
〒123-4567
東京都○○市△△
鈴木 太郎

〒123-4567
神奈川県△△市○○
山田 花子

入籍前で同棲中の場合は、一つの住所でそれぞれの姓名を記します。

【差出人の書き方例(同棲中)】
〒123-4567
東京都○○市△△
鈴木 太郎
山田 花子

返信用ハガキの住所は、どちらにするか決めておきましょう。

新郎新婦どちらが呼んだゲストかによって、返信ハガキの受け取り先(宛名)を分けてもかまいません。

結婚式の招待状、差出人別の文例

結婚式の招待状を書く人

結婚式の招待状は、差出人が変わることで内容の書き方も変わります。

親名義の場合と、新郎新婦名義の場合、それぞれの文例を参考に招待状を仕上げましょう。

招待状文例(差出人が親名義の場合)

謹啓 ○○の候 皆様におかれましては 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

このたび ○○様(媒酌人)ご夫妻のご媒酌により
○○(新郎父もしくは母の名前) 長男(続柄) ○○(新郎の名前)
○○(新婦父もしくは母の名前) 長女(続柄) ○○(新婦の名前)
の婚約が相整い 結婚式を挙げることになりました

つきましては 一層のご指導を賜りたく
ささやかではございますが 小宴を催したく存じます

ご多用中 まことに恐縮ではございますが
ご来臨の栄を賜りたく ご案内申し上げます

謹白
平成○年○月吉日

○○○○(新郎父もしくは母の名前)
○○○○(新婦父もしくは母の名前)

招待状文例(差出人が新郎新婦名義の場合)

謹啓 ○○の候 皆様におかれましては 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

このたび私たちは 結婚式を挙げることとなりました

つきましては 皆様により一層のご指導を賜りたく
ささやかではございますが 小宴を催したく存じます

ご多用中 まことに恐縮ではございますが
ご来臨の栄を賜りたく ご案内申し上げます

敬白
平成○年○月吉日

○○○○(新郎姓名)
○○○○(新婦姓名)

関連記事
【まとめ】結婚式の招待状文例集!挙式・パターン別にぜんぶ載せ!

まとめ:結婚式の招待状を送るときは差出人をしっかり検討しよう!

  • 結婚式の招待状の差出人は「主催する人」の名前を記す
  • 親名義の場合、新郎新婦名義の場合、連名の場合、それぞれマナー違反にはならない
  • どちらの名義にするかによって、文面も変わるため文例を参考にしながら失礼のない文章にする